駅伝大会の交通整理中の車「警官の手信号?そんなん知らんわwwww」→最悪の結果に……

1: 2018/02/21(水) 19:57:31.32 ID:RZCVreIN0●.net BE:842343564-2BP(2000)
駅伝の交通整理中に車同士が衝突 乳児が死亡

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00028159-mbcnewsv-l46

21日、霧島市の交差点で車同士が衝突し、生後6か月の女の子が死亡しました。
現場は、県下一周駅伝のコースで、事故は選手が通過する前、警察官が手信号で交通整理を行う中で起きました。

事故が起きたのは、霧島市国分野口北の市道の交差点です。
県警によりますと午後0時半すぎ、軽乗用車と左から来た普通乗用車が、出合い頭に衝突しました。

この事故で普通乗用車が横転し、乗っていた生後6か月の篠原凪ちゃんが車の外に投げ出されて死亡しました。
普通乗用車を運転していた母親の篠原櫻さん(37)と、軽乗用車を運転していた霧島市の男性(87)、一緒に乗っていた妻(84)もけがをして病院で手当を受けています。
3人は命に別状はないということです。

現場の交差点は、21日が最終日だった県下一周駅伝のコース上にあたります。
先頭の選手の通過が10分ほど後に迫る中、信号機は作動している状態で、警察官1人が手信号で交通整理にあたっていました。事故はその最中に起きました。

警察では、交通整理に問題がなかったかどうかを含め、事故の原因を調べています。
沿道にいた応援の市民らに、けがはなかったということです。

事故のあと、県下一周駅伝は予定通り行われました。
大会会長を務める南日本新聞社の佐潟隆一社長は「篠原凪ちゃんに心からお悔やみを申し上げ、けがをされた方の一刻も早い回復を願っています。事故がないよう万全の態勢で臨んできましたが、交通整理中に死亡事故が発生し、残念でなりません」とコメントしています。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519210651/


続きを読む