吉岡里帆「楽屋下ネタ女王」素顔を独占キャッチ

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/13(火) 04:50:52.07 ID:i5FrjikD9

清楚なキャラクターで絶大な男性人気を誇る吉岡里帆(26)。そんなイメージとは真逆の知られざる「下ネタ素顔」があったのだ。

演劇関係者が語る。

「彼女はブレイクする前の下積み時代、学生の劇団やインディーズ映画に参加していたのですが、その当時を知る人間は口をそろえて『昔の吉岡は下ネタ全開キャラだった』と言うんですよ。
『酔うとムラムラする』『今朝、抱かれたいタイプのイケメンを見かけた』といった発言をシラフで連発して周囲を笑わせていた。
そうしたかつての言動を知る関係者の間では『現在のぶりっ子キャラは100%演技』と評されているんです」

そんな吉岡は周囲に「衝撃的な体験談」を明かしていた。演劇関係者が続ける。

「舞台の打ち上げの際、劇団仲間から『バ●ブを使ったことはある?』と聞かれた際は、ニヤリと笑ってうなずいたそう。
周囲の下ネタに余裕で対応するどころか『バ●ブ使用歴』をバラしても全然平気な強いメンタルの持ち主なんです」

さらに当時の彼女について、

「気に入ったオトコにはガツガツいく魔性ぶり。劇団内でのオトコ関係はかなり派手だったようで、これまで彼女に近い複数の劇団関係者から『吉岡から告白されてつきあっていたことがある』と自慢話を聞かされましたよ」

とも演劇関係者は明かすのだ。

現在の彼女からは想像もつかないエピソードが相次ぐが、実は今も下ネタキャラは変わっていないようだ。
数年前から吉岡を知る女性誌編集者が語る。

「彼女は週刊誌などに『オンナに嫌われるオンナ』と書かれていますが、実はサバサバした性格の持ち主で同性ウケは全然悪くない。 私が彼女と初めて会った時も、彼女がオンナ同士のワイ談を切り出してくれて盛り上がったんですよ。 『男性俳優で一番の巨●は誰なのか』という話ですね。たしか彼女は『大本命は阿部寛さん』と言っていて大爆笑した覚えがあります」

ブレイクの陰にざっくばらんな「下ネタ素顔」が隠れていたのだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/16918142/
2019年8月12日 17時57分 アサ芸プラス

https://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/7/f/7fee73fa.png


吉岡 里帆
日本の女優。
京都市右京区出身。
エー・チーム所属。
ウィキペディア
生年月日: 1993年1月15日 (年齢 26歳)
身長: 158 cm
学歴: 京都橘大学


1

続きを読む