【悲報】大分の警察官、とんでもない死に方をしてしまう・・・

1: 風吹けば名無し 2019/11/07(木) 09:41:05.28 ID:ID:XPDwXZ820.net
大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、
感染症の治療を続けていた県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。
地方公務員災害補償基金県支部は7月、警部補の死亡を公務災害と認定した。

 県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。
捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。警部補は入退院を繰り返して治療を続けたが、
今年1月18日に同県別府市の病院で死亡した。

 警部補の遺族から公務災害の申請を受けた地方公務員災害補償基金県支部は、かまれたことと警部補の死亡に因果関係があるとして7月26日付で公務災害と認定した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000076-mai-soci




引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1573087265

続きを読む