【悲報】親の不仲や離婚で子供の「幸せホルモン」分泌がヤバいことに・・・

1: 名無しのニュー速クオリティさん 2020/09/14(月) 16:03:37



https://sirabee.com/2020/09/14/20162407444/
幼少期に両親の離婚を経験した若者は、そうでない若者に比べてオキシトシンの濃度がきわめて低く、何をするにも自信や肯定感に欠け、自身を粗末に考えがちで、誰かと親密になることにぎこちなさを感じてしまう傾向にあるという事実だった。

博士が見逃せないと考えているのは、幼少期に感じていた幸・不幸が、その人の将来的なオキシトシンの分泌量を左右してしまうという事実。オキシトシンが欠如して幸せを感じにくい体質になり、他人にも愛着を持てず人間関係がぎくしゃくする。これでは、幸せな人生を望むことが難しくなるからだ。





引用元: https://girlschannel.net/topics/2967886/

続きを読む