【週刊新潮】 1日のコロナによる死者数がいまの10倍に増えたとしても例年経験している事態・・・感染者数に神経質になる必要があるのか?

1 名前:影のたけし軍団 ★:2020/11/24(火) 10:31:33.63 ID:UawaPyH39.net
今年の春以来、メディアを通して最も耳にし、同時に目にする機会が多かった語の一つが「感染者」または「感染者数」であったことは、
疑う余地がない。テレビのニュースやワイドショーはもとより、新聞を開けばこれらの文字が躍る。

しばらく勢いが落ちていたが、気温が下がるにつれ息を吹き返している。ここ数日も「日本も徐々に新規感染者数が増加に転じており」
「1日あたりの感染者が3日連続で千人を超え」といった文言が、耳にし、目にする人に恐怖感を抱かせている。

たしかに、数百人程度で落ち着いていた全国の新型コロナウイルスの新規感染者数が、11月7日には1323人を数えた。
また、北海道では9日、1日の感染者数が初めて200人を超えるなど、数字が膨らみつつあるのは間違いない。

また、一足先に寒くなった北海道で感染者が急増していると聞けば、気になるのは比較的緯度が高い欧米である。
アメリカは11月6日の新規感染者数が13万2797人を数え、日本の感染者数の累計、11万9555人(11月17日現在)を、わずか1日で大きく上回る勢いだ。

さらに深刻な様相なのがヨーロッパで、人口6706万人と日本の半分にすぎないフランスでは、
11月7日に1日の感染者数が8万6852人に達し、周辺諸国でも、イタリアで7日に過去最多の感染者数3万9809人を記録したのをはじめ、
多くの国で万単位の新規感染者が毎日発生している。その結果、各国が外出制限などの厳しい措置を講じるにいたった。

その映像とともに、日本の何十倍にも相当するヨーロッパの感染者数が日々報じられれば、それを明日はわが身と思う人が増えるのも、不思議ではない。

しかし、そもそも「感染者数」にそれほど神経質になる必要があるのだろうか。
留意すべきは死者数のはずだが、11月になってからの死者数は、1日から9日まで1日平均7人である。

たとえば昨年1月、インフルエンザによる死者数は1日平均54人で、すでに罹患している慢性疾患が
インフルエンザによって悪化しての死亡を含めれば、100人の大台を楽に超えた可能性が高い。

つまり新型コロナによる死者数がいまの10倍に増えたとしても、それはある意味、例年経験している事態なのだ。
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/11240557/?all=1

2020年と2019年の死亡者数の差(2月以降)



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1606181493
続きを読む