【社会】新型コロナで、女性たちが望まぬセックスワークに追い込まれている 「私は20歳の女性です」「私は31歳少し太り気味で・・・」

1 名前:かわる ★:2020/12/09(水) 04:14:34.48 ID:O/uH1ACC9.net
新型コロナウイルスの影響で、多くの女性たちが経済的に苦しくなり、セックスワークに従事せざるをえなくなっている、とイギリスの慈善支援団体「チェンジング・ライブス」が調査で明らかした。

そういった女性の中には、食べ物や光熱費支払いのために初めて体を売ったシングルマザーや、住む場所に困ってセックスワークの広告を出した学生もいた。

イギリスでロックダウンが開始されてから最初の4カ月で、売春や性的搾取でチェンジング・ライブスに支援を求めてきた女性の割合は、83%増加したという。

報告書は「パンデミック以前からホームレスや依存症、貧困問題を抱えていた人は、支援事業が一時的に閉鎖したことでさらにセーフティーネットからこぼれ落ちる可能性がある」と警告している。


調査では研究者たちは、有料のウェブサイトや売春を斡旋するコミュニティに女性たちが掲載している広告を調べた。

そのうち、女性たちが会費を払って広告を出す2つのウェブサイトを詳しく調べたところ、チェンジング・ライブスが支援をしている地域内で、911人のプロフィールが投稿されていた。

「これは心配になるような数の投稿であり、新型コロナウイルスのために経済状況が苦しいことを物語っている」と研究者たちは警鐘を鳴らす。

掲載されていた広告の一部には、次のように書かれていた。

「セクシーな赤毛の熟女。食べ物と電気がなくて困っています。

私はイギリス人で赤毛のシングルマザーです。食べ物と電気代に困っていて助けを必要としています。5歳の娘がいるのですが、職場が閉鎖されて仕事を失いました。ユニバーサル・クレジット(給付金制度)の支払いを4週間待っていて、電気代の支払いができなくなっています。セクシーな写真でも、ビデオ通話でも、パーソナルなポルノ動画でも何でも大丈夫です。誰かお願いします。すごく困っています」

「苦しんでいる女性です。私は31歳で2人の子どものシングルマザーです。ロックダウンでとても大変な状況です。カフェのパートタイムの仕事を失いましが、その後もますます苦しくなっていて、1日1日を乗り越えるのが、とても大変です。はっきり言えばここに広告を出すのはとても恥ずかしい。ここで何を期待できるのかよくわかっていないし、必要なければ売春をしたいわけじゃない。私は少し太り気味で、よく言って平均的なルックスだと思います。さっきも書いたように何を期待したらいのかよくわかっていないのですが、誰か私と会いませんか?」

「女性の学生。助けを必要としています。私は20歳の女性です。つい最近、仕事を失いました。一時解雇手当金の支給が終わり、住んでいた部屋をでなければいけなくなりました。新しい部屋の前払金に、少し助けが必要です」

匿名を希望する1人の女性は、食べ物を買うための十分なお金がなく、とても落ち込んでいたために広告を出した、とハフポストUK版に話した。

「仕事が全然見つからず、誰も助けてくれないことに苦しみました。現金が必要でしたし、私を必要としている人がいたから広告を出しました。とても孤独でした」

「セックスワークはしたくないと思っていたから、セックスワークをした自分が汚れているかのような気持ちになりました。もっと支援の手が差し伸べられるべきです。私は助けを求めました。でも、誰も私を助けてくれなかった」と、女性は苦しみを語る。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/women-selling-sex-during-covid_jp_5fcdf000c5b63a1534535701?ncid=tweetlnkjphpmg00000001


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607454874
続きを読む