【豆腐】「この味噌汁…」朝ごはんの支度をした主婦に義父が衝撃の一言(幻冬舎…

1 名前:BFU ★:2020/12/09(水) 20:47:29.10 ID:g73uhzRy9.net
普通の朝…気持ちよくスタートしたいと思っていた矢先

六時起床。私は一番先に台所に入った。結婚祝いに友達からもらった、純白のレースつきのエプロンをかけ、朝食のしたくに取りかかった。サラダとハムエッグ・紅鮭・ほうれん草のお浸し・漬け物・納豆・味付のりとご飯とみそ汁が今朝のメニューだ。

どこにでもあるごく普通の朝の風景。台所のテーブルに四人分の茶碗と汁椀と箸をセットした。居間にある仏壇と神棚に、お供え物を上げた。自営業をしているため、当然のように神棚があった。そこには、小型の神社・宮形の中に氏神札が入っている。水と塩・榊が飾られ、しめ縄がゆったりと飾られていた。背伸びをして、そこに上げる水を毎朝とり替えた。商売繁盛と家内安全を祈願して。

朝食ができたら、まずはじめに伯父に運んだ。伯父は耳が不自由だったが、毎日規則正しい生活を送っていた。きちんとした人だった。私が唯一、平常心で接することができる家族だった。もう少し本音で言うなら、安全な人だった。

姑と舅もあとから時間差で起きて来た。一番遅いのは夫。目覚まし時計のアラームをセットしているのだが、役に立ったのを見たことがない。何のための目覚ましなのだろうか?

時間になっても起きて来ないので、私が起こしにいくのだが一度では起きてこないため、二、三度は部屋へ足を運んだ。朝の五分は貴重だ。甘えているのだと思うことにした。朝の気分は損ねたくない。一日のスタートは、気分良くありたい。

そう思っていた矢先のことだった。指摘事項を向けてくる舅がいた。またか…。心は決して楽しい方向へはいかなかった。

「このみそ汁の豆腐の切り方が揃っていない。」
以下ソースにて
https://news.yahoo.co.jp/articles/af27889ddb6bea3f58a07bc4187ae8c63b39b542


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607514449
続きを読む