江頭2:50の怒り爆発!番組ディレクターに平手打ち

江頭2:50の怒り爆発!番組ディレクターに平手打ち


a

江頭2:50 「ぷっすま」でディレクタービンタ


3月31日深夜放送の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)で、江頭2:50が、番組ディレクターを土下座させ、ビンタする事態となった。 
番組では「物件拝見トレジャーバトル!!」の企画で、草なぎ剛らが高級物件内で謎解きバトルを繰り広げた。同企画は江頭の登場が定番であり今回は気温5度の寒空の下、半裸で2時間待たされる。この仕打ちに、江頭は「八王子の風、死ぬぜ!」「最近の『ぷっすま』オレに対する扱いが雑!」と訴えた。

その後、室内に移動しウソをつくと電流が流れるグッズを使って対決し、草なぎらが勝利。江頭が謎解きアイテムのミニ扇風機を手渡すも実は電池が抜いてあり、草なぎらに電池が欲しければ土下座するよう迫った。

ところが、草なぎが「これさ、電池入ってるんじゃないの?」と直前の対決で使った電流が流れるグッズを確認した。すると電池が入っており、草なぎは「土下座しなくていいじゃん、3本も入ってんじゃん」と、まさかの土下座回避。

江頭は「これルール違反じゃねえかよ! これありなのかよ!?」と抗議した。誰もが想定外の展開となり、怒りが収まらない江頭は「ふざけんじゃねえよ! おい、ディレクター出て来い!」と呼び出す。

そして江頭は「お前、正座しろ!!」とスタッフふたりに命じ「親愛なる江頭様、雑に扱ってゴメンナサイ」と言わせながら土下座させたのだ。さらに江頭は「じゃあ頭上げろ」と言った直後「ふざけるな!」と平手打ちを見舞ったのだった。

江頭2:50 「ぷっすま」ディレクターを土下座させビンタする事態 – ライブドアニュース

江頭 2:50



江頭 2:50(えがしら にじごじゅっぷん、本名:江頭 秀晴(えがしら ひではる)、1965年7月1日 – )は、日本のお笑いタレント。

愛称はエガちゃん、エガ。最近では大晦日のガキの使いに出演するなど幅広く活躍しているお笑いタレント。

1984年佐賀県立神埼高等学校卒業後、九州産業大学経済学部経済学科に入学するも1週間で中退、その後、さまざまな職を転々としていたが、芸人を目指して上京。ビートたけしに弟子入りしようと出待ちするなどしていた。

a

江頭2:50 – Wikipedia

関連動画


ビンタ文字当て

スポンサーリンク


続きを読む