有村架純主演の朝ドラが初回視聴率から大コケでヤバすぎ…(画像あり)

有村架純主演の朝ドラが初回視聴率から大コケでヤバすぎ…(画像あり)


a

「ひよっこ」初回19・5%


女優・有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が3日にスタートし初回の平均視聴率は19・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。 
朝ドラ初回の視聴率は、「あまちゃん」(13年前期、20・1%)「ごちそうさん」(13年後期、22・0%)「花子とアン」(14年前期、21・8%)「マッサン」(14年後期、21・8%)「まれ」(15年前期、21・2%)「あさが来た」(15年後期、21・2%)「とと姉ちゃん」(16年前期、22・6%)「べっぴんさん」)16年後期、21・6%)と、8作連続で20%超えが続いたが、大台突破は今作で途切れた。

「ひよっこ」初回19・5% 「純と愛」以来9作ぶり大台割れ (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

ひよっこ


『ひよっこ』は、2017年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第96シリーズの作品である。2017年4月3日から9月30日に放送される予定。

1964年の東京オリンピック前後、茨城県北西部の奥茨城村に育ったヒロイン・谷田部みね子が、出稼ぎのために東京へ行った父が正月に帰宅しなかったことをきっかけとして、父を探すべく集団就職で上京し、下町の工場で働きながら父を探す。

しかし、オリンピック後の不況で工場が倒産、行くあてないヒロインを拾ってくれたのは、東京で父が常連となっていた洋食屋だった。洋食屋で働きながら、様々な試練を乗り越えて成長していくみね子の姿を描く

a

ひよっこ (テレビドラマ) – Wikipedia

関連動画


有村架純&制作スタッフインタビュー 【NHKラジオ とっておきテレビ】

スポンサーリンク


続きを読む