ボクシングで亀田興毅に勝ったら1000万!挑戦者募集中(画像あり)

ボクシングで亀田興毅に勝ったら1000万!挑戦者募集中(画像あり)


MuboTdumcenXenC1491645300_1491645303

「亀田興毅に勝ったら1000万」を5時間の生番組として放送


同番組は、AbemaTV開局1周年を記念したスペシャル企画で、WBA世界ライトフライ級王者、WBC世界フライ級王者、WBA世界バンタム級王者と、日本人初の3階級制覇を果たした、元プロボクサーの亀田興毅が、1夜限りでリングに復活。 1試合を3分3ラウンドとする「ボクシングルール」で、亀田に見事勝利した者には現金1000万円を贈呈するという、前代未聞の決戦を生放送する。

対戦相手は一般公募で、一般人、ヤンキー、ホスト、外国人、ヲタク、元○○など、立場は問わず挑戦可能だ。 「ボクシングは俺が生きてきた証」だと語る亀田は、「逃げも隠れもせん。俺だったら簡単に世界チャンピオンなれるわと思っている人、ただ1000万円稼ぎたいと思っている人、自信のあるやつ全員俺にかかってこい」と気合十分。 果たしてどのような挑戦者が登場し、亀田に立ち向かうのか。1000万円を手にする者は現れるのか。注目の放送となりそうだ。

no title

 

亀田興毅に勝ったら1000万、挑戦者募集中 | Narinari.com


亀田興毅



亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日)は、日本のプロボクサー、実業家。第21代WBA世界ライトフライ級王者。第36代WBC世界フライ級王者。第91代WBA世界バンタム級王者。日本人初の3階級制覇王者。
亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。

もともとは空手を習っており、実際に好成績を修めていたが、11歳の時、父・史郎からボクシングを教わるようになる。大阪市立天下茶屋中学校時代の3年間は、空手とボクシングの練習を並行して行っていた。14歳の時、井岡弘樹とエキシビションマッチを行った。

中学卒業後、ボクシングに専念するため高校には進学せず、社会人ボクシングで活動した。
2002年全日本実業団選手権フライ級優勝(当時15歳6か月)、全日本社会人選手権フライ級ベスト4。全日本アマチュアボクシング選手権大会近畿予選大会フライ級優勝。2003年全日本実業団選手権フライ級優勝、第55回全日本社会人選手権フライ級優勝(16歳10か月)。

a

亀田興毅 – Wikipedia

関連動画


【黒歴史…】亀田興毅 KO&しゃおらー集


続きを読む