新日本プロレス柴田勝頼が硬膜下血腫でヤバイ…IWGP王者オカダ・カズチカと試合後に緊急手術…2ch「浮気スキャンダルの罰」「原因は場外DDT?頭突き?」「福田雅一」【不倫相手画像有】

no title

 新日本プロレスは2017年4月10日、所属選手の柴田勝頼(37)が硬膜下血腫の手術を受け、無事に終了したと発表しました。今後については経過を見ながら詳細や状況が分かり次第発表するとのこと。

 武田は、前9日に両国国技館で行われたIWGPヘビー級選手権試合で、王者オカダ・カズチカ(29)と対戦。試合では、強烈なヘッドバットを繰り出すなど、38分を超える壮絶な打撃戦の末に敗戦を喫した。激闘のダメージが色濃く、退場途中で倒れた柴田は、控室に戻ることもできずに救急車で病院に搬送された。意識があり受け答えも可能な状態だったが、診察の結果、硬膜下血腫と診断され 緊急手術を行い手術は無事に終了。現在は安静状態だという。

 柴田勝頼のプロフィール、2017年1月に起きた不倫スキャンダルについて、2chの反応などをまとめました。

続きを読む