【どっちがいい?】元モデルが現役時と今のビフォーアフターの写真を公開!!

1: ウエスタンラリアット(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/04/11(火) 21:04:15.91 ID:xrSJdq/+0● BE:793572921-PLT(16000) ポイント特典

近は、‟プラスサイズ・モデル” と呼ばれる少しポッチャリ体型のモデルが登場しているが、
それでもモデルや女優が細すぎて、女性に間違った美の観念を植えつけかねないと問題になっている。
そんななか、元モデルが「1日500キロカロリーしか食べていなかった時代と現在」を比べたビフォー&アフター写真を公開して話題を呼んでいる。
読者の皆さんは、一体どちらを魅力的だと感じるだろうか!?
・1日の食事を500キロカロリーに抑えていたモデル時代
アメリカ人のリザ・ゴールデン=ボウワニさんは、2012年にパリ&ミラノ・コレクションなどで花道を歩き、かつてはハイファッションの世界で活躍していた元モデルだ。
だか、当時仕事のために過激なダイエットをしていたという彼女は、毎日の食事を500キロカロリー以内に収めていたのである。
そして、ある日20個ほどの枝豆を茹でている時に、栄養失調で気を失い倒れてしまったのだという。
それを機に、過激なダイエットをやめた彼女はモデルを続けていたものの、彼女がポーズを取った広告写真を見たネットユーザーから、
「太腿が太すぎる!」と文句をつけられてしまったのだとか。

no title

最終的に、体重が増加したことで仕事を得られなくなったリザさんはモデルをやめてしまったのだが、ガリガリだったモデル時代と現在の自分を比較した写真をInstagramに投稿。

あまりにも細すぎて不健康に見えてしまう昔に比べ、現在は、ふくよかで女性らしい体の曲線が魅力的だと思うのだが、皆さんの意見はどうだろうか?

rocketnews24.com/2017/04/11/885359

続きを読む