剛力彩芽が懲役5年wwwwwwww

1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 18:56:29.00 ID:CAP_USER9

 女優の剛力彩芽(24)が女囚役に初挑戦する連続ドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)が21日(午後11時15分~)、スタートする。

 物語の舞台は刑務所。剛力演じる神渡琴音(かみわたり・ことね)は、殺人罪で刑務所に送られた京都の芸妓、神渡琴音(かみわたり・ことね)。酔っ払って寝ている間に仲間の芸妓が殺され、その罪をかぶり刑務所へ送られた琴音は、そこで待ち受けている一癖も二癖もある女囚たちにイジめられ、時に命までも狙われるが、持ち前の腹黒さ、したたかさでそのピンチを切り抜けていく。

 だが、琴音は冤罪だった…。彼女がなぜ無実の罪をかぶり、刑務所にやってきたのか。その謎が徐々に解き明かされていく。

 同作には剛力のほか、女囚役として山口紗弥加(37)、トリンドル玲奈(25)、平岩紙(37)、橋本マナミ(32)、木野花(69)、安達祐実(35)が出演。さらに琴音の育ての親で、置屋の女将、一条涼役を梶芽衣子(70)が演じる。

 梶といえば1970年代に大ヒットした映画「女囚さそり」シリーズで主人公を演じたことでも知られ、「女囚」と聞いた時に真っ先に思い浮かぶ女優のひとりだ。今回は女囚役ではなく、女囚となってしまう琴音の母親代わりとなる女性を演じる。涼は琴音の出生の秘密や父親の正体も知っているキーパーソンという、重要な役割を担っていく。

さらに高嶋政伸(50)が謎多き法務大臣、内藤裕次郎を熱演する。時期総理を狙う内藤は現総理をも陰で操る政界の実力者で、琴音が冤罪で刑務所送りになった事件に大きく関わっていると思われる最重要人物だ。

2017.04.13
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170413/enn1704131500010-n1.htm
no title

続きを読む