【テレビ】『ミヤネ屋』と宮根誠司が視聴率瀕死…

【テレビ】『ミヤネ屋』と宮根誠司が視聴率瀕死…

gpTTxu91_La42Ak1492216887_1492216893

関西地区の視聴率が3月中に4回も5%台


キャスターの宮根誠司が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』。同番組を制作する読売テレビは、先日行った春の改編発表で、同番組の関西地区の視聴率が3月中に4回も5%台に降下したことを明らかにした。 
その席上では、3月8~10日には3日連続の5%台となり、裏番組のフジテレビ『直撃LIVE グッディ!』(1部)を下回る波乱が起きたことも語られました。その後、6~7%台に回復したことが伝えられましたが、関西のお昼といえば『ミヤネ屋』だっただけに、今までは考えられなかったことです」(テレビ局関係者)

さらに、関東での視聴率にも異変が起きているという。

それまで7~8%が通常でしたが、3月30日の数字を見てびっくりですよ。この日は4.7%。対して『グッディ!』(1部)は3.1%で、わずか1.6%の差しかないのです。さらに『ゴゴスマ~GO GO!Smile!~』(TBS系)は3.6%と、昼の番組はかつてない大混戦になっています」(同)

宮根の軽妙なトークが、一定の視聴者には『にぎやかで楽しい』と受け入れられている一方、『やかましい』『適当すぎる』などと強いアレルギーを持つ人も多い。そういう視聴者が、比較的おとなしい裏番組に流れているようです。とはいえ、『グッディ!』の安藤優子のジャーナリスト然とした高圧的な態度を毛嫌いする人もいて、要はそれぞれの好みというわけです」(同)

宮根と『ミヤネ屋』の“都合のいい報道精神”に反発している視聴者が、裏番組に流れている可能性もあるというのだ。

『ミヤネ屋』と宮根誠司、視聴率瀕死…バーニング寄り偏向報道&高額ギャラでうるさいだけ | ビジネスジャーナル

宮根誠司(みやね せいじ:1963/4/27生 )


島根県出身のフリーアナウンサー、タレント、司会者。
元朝日放送アナウンサー。
enn1201051547010-p1

1994年からは『おは朝』の単独司会を務める。
2004年、ABCを退社。

2005年、読売テレビでのレギュラー番組『ミヤネ屋』が全国ネット化し、全国的に知名度を上げた。
6

2009年、東京マラソンに参加。「4時間30分を切らなければ丸刈りにする」と宣言。
目標を果たせなかったことから、翌日の『ミヤネ屋』生放送中に丸刈り頭になった。
ac429268

2012年、再婚前から交際していた女性との間に、再婚後に生まれた隠し子がいることが報じられ、謝罪

学生時代からタモリのファンで追っかけをしていた。
尊敬する先輩アナウンサーとして古舘伊知郎を上げており、足下にも到底及ばないと話している。


宮根誠司 – Wikipedia

動画


ミヤネ屋 宮根誠司が生放送中に「手つなぎ」疑惑!


続きを読む