加藤茶が惨めすぎる・・・現在の悲惨な現状がこちら(画像あり)

加藤茶が惨めすぎる・・・現在の悲惨な現状がこちら(画像あり)


a

1: 2017/04/19(水) 17:02:41.06

a

加藤茶



加藤 茶(かとう ちゃ、1943年3月1日)は、日本のドラマー・歌手・コメディアン・俳優であり、ザ・ドリフターズの一員である。本名は加藤 英文(かとう ひでゆき)。

身長163cm、体重60kg。血液型はA型(長年AB型としていたが間違いが判明)。1943年、東京府東京市世田谷区(現:東京都世田谷区)生まれ。5歳の夏の1カ月間だけ、母親の実家・愛媛県新居浜市に住む。父親が癌を患ったため、母親、妹と共に父親の郷里・福島県福島市に転居し、高校卒業まで福島で育った。実父も元バンドマンである。学法福島工業高校卒業後、1961年叔母を頼って上京。
トロンボーン奏者を目指してスターダスターズのバンドボーイをやるが、ある日手当ての100円をマネージャーに催促したところ、マネージャーに100円を投げつけられ、頭に来てマネージャーと喧嘩してクビになる。その後、先輩から捨てておいてと頼まれたドラムスティックを使い練習、ドラマーとしてクレージーウエストにメンバー入りし、仲本コージ(現・仲本工事)と出会う。
1962年、碇矢長一(後のいかりや長介)と同時期に、「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」にメンバー入りした。

A

加藤茶 – Wikipedia

関連動画


志村けん 加藤茶 40年前のドリフ大爆笑


続きを読む