武井壮『離婚に借金、女性に貢がせてた過去』(画像あり)

武井壮『離婚に借金、女性に貢がせてた過去』(画像あり)


a

百獣の王”武井壮が女性と訴訟トラブル


ゴリラやライオンなどを素手で倒す“妄想ネタ”でブレイクした、自称“百獣の王”のタレント武井壮(43)が、交際相手の女性から訴えられていたことが週刊文春の取材で分かった。 
武井は2004年にオリンピック出場歴がある女性アスリートと結婚するも、一年あまりで離婚。

その後、武井のファンだった田中瞳さん(仮名)と07年ごろから交際していた。

田中さんの知人が語る。

武井は瞳さんや知人とTという会社を設立したそうです。武井が代表で、瞳さんは77万7777円を 出資して役員になった。武井の旅行代、服飾代、ホテル代等も瞳さんが払い、彼に貢いだ金額は 300万円にものぼると聞きました。ところが武井が浮気していたことを彼女が知り、訴訟沙汰にまで 発展したのです

2011年に起こされた裁判では、武井の130万円におよぶ借金問題を中心に争われ、武井がトータル42万円を月5000円ずつ分割で田中さんに支払うことで和解している。

 武井本人に話を聞いた。

──田中瞳さんとトラブルになった原因は浮気?

そうですね、お恥ずかしながら。レースクィーンのかたとですね

――浮気性な部分がある?

どうでしょうか。結構、すぐ好きになるかもしれないですね。底は浅いけど。『百獣の王』と言ってるくらいですから獣です。肉食ですからお察し頂いて

――瞳さんに300万円貢がせた?

瞳さんが支払いをしてくれることが多くて、そこに甘えていたのは確かです

──130万円の借金については?

瞳さんに『事業資金を会社の口座に移す』と言われ印鑑を預けた。そうしたら210万円を下ろされて、急に『浮気しているわね。慰謝料としてもらいます』と言われた。彼女の出資した約80万と慰謝料130万で210万円。後日、『会社の金だから本当に困る、130万円だけ返して欲しい』と話をしたら、返してきて、『借用書を書け』と言われた

a

“百獣の王”武井壮が女性と訴訟トラブル (文春オンライン) – Yahoo!ニュース

武井壮



武井 壮(たけい そう、1973年5月6日 – )は、日本のタレント、元陸上競技選手。陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。タレントとして活動し、「百獣の王」を目指している

東京都葛飾区出身。修徳中学校・高等学校を経て、神戸学院大学法学部に進学。中学では野球、高校ではボクシングに取り組んでいたが、大学時代に短距離走を始め、神戸学院大学3年時に十種競技へ転向する。中央学院大学にスカウトされ、神戸学院大学卒業後に進学。1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する。100m走ベスト記録の10秒54は2015年まで、十種競技・100mの日本最高記録だった。

a

武井壮 – Wikipedia

関連動画


武井壮、現在の家賃は?


続きを読む