笹川尭の意見に物申す:子どもを持たない選択は本当に罪?

               

1: それでも動く名無し 警備員[Lv.8] 2024/07/07(日) 17:51:21.44 ID:BxuJ1aVk00707 

3: それでも動く名無し 警備員[Lv.8] 2024/07/07(日) 17:53:08.91 ID:qOdfoguB00707

申し訳有りません。
意欲はあったのですが・・・。

8: それでも動く名無し 警備員[Lv.7] 2024/07/07(日) 17:53:36.38 ID:o7riJXr400707

精神論っすか

14: それでも動く名無し 警備員[Lv.3][新芽] 2024/07/07(日) 17:58:00.98 ID:JzjNaZup00707

何でこいつらいらんこと言ってしまうん?

7: それでも動く名無し 警備員[Lv.23][苗] 2024/07/07(日) 17:53:34.70 ID:MuLLdIPP00707

4割非正規の国にしといてよくもまあ

9: それでも動く名無し 警備員[Lv.6] 2024/07/07(日) 17:54:05.77 ID:fKFh0azc00707

こいつが国会議員やってるメリットねぇなこりゃ

13: それでも動く名無し 警備員[Lv.24] 2024/07/07(日) 17:57:31.00 ID:h1v/1jsj00707

政権交代ありそうか?

15: それでも動く名無し 警備員[Lv.7][芽] 2024/07/07(日) 17:58:01.83 ID:FPwsBbk300707

男がどうこう言う前に女に言えばいいだろ
ぶっちゃけ女から行ったらよっぽどじゃなきゃイージモードだろ

16: それでも動く名無し 警備員[Lv.4][新芽] 2024/07/07(日) 17:58:02.37 ID:DGYYX5nJ00707

ワイは0人なんやけどこれは多い?少ない?

22: 警備員[Lv.28] 2024/07/07(日) 17:59:13.76 ID:BCoVf0zx00707

こいつの理論だと男がしっかりしてる国は中東とアフリカだけやん

24: それでも動く名無し 警備員[Lv.30] 2024/07/07(日) 18:00:21.80 ID:/715CQAe00707

子供作るのに義務とか責任とかあんの?

34: それでも動く名無し 警備員[Lv.9] 2024/07/07(日) 18:05:09.96 ID:TYT5iviD00707

社会が発展したら少産少死になるって人口動態の基本すら知らんのか?

36: それでも動く名無し 警備員[Lv.4] 2024/07/07(日) 18:06:20.02 ID:RDQCEhkt00707

国がしっかりすれば必ず国民は子供をこしらえてくれるんやで

40: それでも動く名無し 警備員[Lv.6][新芽] 2024/07/07(日) 18:08:29.95 ID:dfjM5gKX00707

女性の侮辱と不妊の人間の侮辱のダブルパンチを朗々とやっててワロタ

42: それでも動く名無し 警備員[Lv.30] 2024/07/07(日) 18:08:59.85 ID:/715CQAe00707

フェミニストってなぜか男女とも「男性責任論」みたいなの
振りかざしてくるよな あれなんで?

48: それでも動く名無し 警備員[Lv.11] 2024/07/07(日) 18:10:39.92 ID:vAImnDi2d0707

国がしっかりせんから
男がしっかりしないんですわ

50: それでも動く名無し 警備員[Lv.3] 2024/07/07(日) 18:11:16.56 ID:D0n50Kr600707

結婚って人に言われてするものじゃないんですよ

https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livegalileo/1720342281/

近年、少子化が深刻な問題として社会を揺るがせています。そんな中、自民党の笹川尭元総務会長が「子どもの少ない人は反省を」と発言し、注目を集めました。この発言は、子どもを持たないという選択をした人々に向けられた批判と受け取られ、多くの議論を引き起こしました。

まず、笹川氏の発言の背景には、少子化に対する強い危機感があります。人口の減少は国の経済力や社会保障制度に大きな影響を与えるため、政府としても少子化対策に力を入れざるを得ません。しかし、このような発言がどれほど問題解決に役立つのか疑問です。

子どもを持たない選択をする理由には、さまざまな要因が存在します。経済的な負担の問題、仕事と育児の両立の難しさ、自由なライフスタイルを追求する価値観など、個々の状況や考え方は千差万別です。特に都市部では、高い生活費や過密な労働環境が、若者たちの「子どもを持たない」という選択に影響を与えています。

さらに、子どもを持たないことに対する社会的プレッシャーも大きな問題です。「子どもを持たないなんて利己的だ」や「家族を持たないのは無責任だ」といった批判は根強く存在します。こうした偏見や強い圧力は、子どもを持たない人々に精神的な負担を負わせ、少子化の悪化を助長しているとも言えます。

一方で、少子化がもたらす社会的影響も無視できません。人口減少は労働力の不足や年金制度の維持に直結し、将来的には日本社会全体の経済活力を削ぐ恐れがあります。これに対する政府の対策もさまざまありますが、一律に効果を上げるのは難しい状況です。

だからこそ、個人の選択を尊重することが不可欠です。子どもを持つか持たないかは個々人の自由な意志に委ねられるべきであり、その選択に対して偏見を持たずに理解し支援する社会を築くことが、少子化問題解決の一歩となります。また、子育てをしやすい環境の整備や経済的サポートも重要な要素です。政府や社会全体で子育て世代を応援し、多様な価値観が尊重される社会を目指すべきです。

結論として、子どもを持つか持たないかは個人の自由な選択であり、どちらの選択も尊重されるべきです。少子化問題は複雑な社会課題であり、一筋縄では解決できませんが、多様な意見や選択が尊重され、お互いが理解し合うことでより良い未来を築くことができるのではないでしょうか。

       
       

関連記事

TOP