【野球】部員減少の高校野球に未来はあるのか?

【野球】部員減少の高校野球に未来はあるのか?

92dfa2e2ed46c7b5272317ddaefd8060

将来さらに少なくなる予想


硬式の部の加盟校数は昨年から25校減の3989校で、平成に入ってから初めて4000校を割りました。部員数は昨年より6062人減の16万1573人で3年連続の減少となりました。

高野連の資料によると、部員数が増加した都道府県は5(昨年14)、減少は42(昨年32)で、
最も増加したのが徳島の79人、次いで岐阜の30人。最も減少したのが千葉の474人、次いで神奈川の451人、東京の429人。 
部員数が最も多いのは、東京の1万0741人、次いで愛知8290人、神奈川7909人で最も少ないのは鳥取の961人となっています。

野球人口以前に子供の数が将来さらに少なくなることが予想されます。色んなスポーツがあるなかで、野球だけをやる選択をする子供たちがどれくらい残るでしょうか。

http://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/27793-bsinfo20170705001

関連動画


野球部あるある 強豪校と弱小校のベンチへの帰り方の違い


続きを読む