海老蔵さん、麻央さんとの七夕の思い出を語る・・・

海老蔵さん、麻央さんとの七夕の思い出を語る・・・

bandicam 2017-07-07 16-06-21-772

市川海老蔵「互いに恋い焦がれて過ごした」


歌舞伎俳優の市川海老蔵が7日、自身のブログを更新し、亡くなった妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんとの七夕の思い出をつづった。 
海老蔵を頼もしそうに見つめる麻央さん

2009年1月にテレビの対談をきっかけに交際を始めた2人だが、海老蔵は「今日は七夕。実は麻央と付き合いだしたのは六月でした。六月で最初のイベントが七夕でした。わざわざ私のために仮装してくれて、涙。写真を送ってくれた」と振り返った。

交際1年目の七夕には思い入れがあるようで「互いに恋い焦がれて恋い焦がれて、時を過ごした、七夕でした。ですので今日はいつもよりも一層、朝から水が流れます」とも記した。

6月22日に天国へと旅立った麻央さんへの思いを示すように、海老蔵は「今日は織姫と彦星が会える事を願います」という一文に短冊の写真を添えていた。

市川海老蔵、麻央さんとの七夕の思い出つづる 「互いに恋い焦がれて過ごした」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


十一代目 市川海老蔵 (いちかわ えびぞう:1977/12/6生)



本名は堀越 寶世(宝世)(ほりこし たかとし)。
歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。
8956427d

妻はキャスターでタレントの小林麻央。
2fe1ba1b-300x259

父・十二代目市川團十郎と母・希実子(旧姓・庄司)の長男。
1985年、 歌舞伎座『外郎売』の貴甘坊で七代目市川新之助を襲名。

2003年、 日置明子との間に非嫡出子がいることが判明。

2010年、小林麻央と結婚。
同年、11月、西麻布の飲食店で暴行を受け、頭部、顔面を負傷し救急搬送される。

2011年、長女・麗禾(れいか)が誕生。
2013年には第2子となる長男・勸玄(かんげん)が誕生する。
E6B5B7E88081E894B5E381AEE5AEB6E5BAAD1-300x231

2016年、妻の小林麻央が乳ガンであることを発表した。

関連動画


市川海老蔵さん 長男カンカン「お店屋さんにも飴あるでしょう?」


続きを読む