『メアリと魔女の花』興収50億円狙える好スタート

『メアリと魔女の花』興収50億円狙える好スタート

bandicam 2017-07-09 12-10-27-735

「メアリと魔女の花」興収50億円狙える好スタート


アニメ映画「メアリと魔女の花」(米林宏昌監督)が8日、全国366館、458スクリーンで封切られ、配給の東宝は同日午後、興行収入(興収)50億円を狙える好スタートを切ったと発表した。

「メアリと魔女の花」は、10年の「借りぐらしのアリエッティ」、14年の「思い出のマーニー」を手がけた米林宏昌監督(43)と、「思い出の-」をプロデュースした西村プロデューサー(39)がスタジオジブリを14年末に退社して、翌15年4月に立ち上げたスタジオポノックの第1作。 東宝は、興収35億3000万円を記録した米林監督の前作「思い出の-」との初日午後2時時点での対比で、130%の動員を記録したと発表。映画ファンを中心に、ファミリー層も劇場に足を運んでいることから、興収50億円を狙えると判断した。

「メアリと魔女の花」興収50億円狙える好スタート

『メアリと魔女の花』(めありとまじょのはな)


スタジオポノックによる日本のアニメーション映画。2017年7月8日公開。

スタジオポノックのアニメーション映画初制作作品で、監督は米林宏昌。キャッチコピーは、「魔女、ふたたび。」、「この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に――。」
news_thumb_mary_201612_14

メアリと魔女の花 – Wikipedia


関連動画


映画『メアリと魔女の花』予告編映像


続きを読む