小林麻央に14年間連れ添ったマネージャーが思い出を語る

小林麻央に14年間連れ添ったマネージャーが思い出を語る

bandicam 2017-07-11 11-13-57-165

小林麻央に14年間連れ添ったマネジャーが語る


20170711-00003244-bunshun-000-3-view

・先月22日、34歳で亡くなった小林麻央さんのマネジャー、菅大善氏(セント・フォース取締役)が「文藝春秋」8月号(7月10日発売)で彼女との思い出を語っている。

・菅氏は麻央さんが「めざましどようび」でお天気キャスターとしてデビューした2003年から、14年の長きにわたって担当。

・「翌日(6月23日)、自宅に伺って久しぶりに彼女の顔を見たとたん、胸にこみ上げてくるものを抑えきれず、涙が止まりませんでした。一緒に仕事をしてきた日々のことが、次から次へと思い出されてくるのです。『お疲れさま』月並みですが、そう言葉をかけるのが精一杯でした」

記事全文は「文藝春秋」8月号に掲載されている。

小林麻央に14年間連れ添ったマネジャーが語る「麻央が亡くなった日」


Profile    


bandicam 2017-07-11 11-12-01-920

小林麻央 – Wikipedia

小林麻央 – ブログ


続きを読む