藤井聡太 四段が14歳最後の公式戦を勝利で飾る

藤井聡太 四段が14歳最後の公式戦を勝利で飾る

bandicam 2017-07-03 17-27-32-536


神懸かり的な逆転劇!14歳最後の対局を連勝で飾った藤井四段


20170711-00000232-sph-000-2-view

・公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(14)が11日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第7期加古川青流戦トーナメント3回戦・都成竜馬四段(27)戦に130手で勝利した。

・一時は敗勢に陥ったが、神懸かり的な終盤力で逆転勝利。

・19日に誕生日を迎える藤井四段にとって、14歳最後の対局を白星で飾り「序盤、こちらが踏み込みを欠いてしまって自信のない戦いになりました。最後はなんとか…敗戦(連勝ストップ)の後に2連勝ということで…。公式戦で14歳最後の一局ということで内容は清算しないと分かりませんが結果は勝てて良かった」。

神懸かり的な逆転劇!14歳最後の対局を連勝で飾った藤井四段「次の1年も強くなれるように」


Profile    


bandicam 2017-07-11 18-55-21-050

藤井聡太 – Wikipedia


続きを読む