松居一代さん、やってることが完全に犯罪レベルで草

松居一代さん、やってることが完全に犯罪レベルで草

bandicam 2017-07-14 08-37-34-268

松居一代 船越別宅で警報騒ぎ


松居一代(60)が泥沼離婚騒動中の船越英一郎(56)の別宅で警報騒ぎを起こしていたことが13日、分かった。 
関係者によると、完全に別居状態にあった4月23日自宅から徒歩1分の距離にある船越の別宅マンションの室内に入った際に民間警備会社の警報器が鳴りだした。

松居は業者を呼ぶなどして解錠したようで正規の鍵以外で開けたのが原因とみられる。別宅マンションは船越名義で、松居は合鍵を持っていなかった。

警備会社はすぐに船越に連絡。船越のスタッフが急行して警備員とともに室内に入ると、誰もおらず、玄関に「私の死に場所はここだと思い開けました」という松居のメモが残されていた。

関係者は「メモを見て心配した船越さんは周囲に連絡して、松居さんを捜し回った。数日後に生きていると分かって安心していた」と当時を振り返った。

松居は警報が鳴る中で室内に入り、そこで船越のパスポートとノート、スケジュール帳を発見。船越の不倫などを裏付ける証拠として持ち帰った。本紙の取材では、船越がこれらが持ち出されたことに気づいたのは今月5日。松居が一方的に船越を糾弾したユーチューブへの投稿動画を見た後だった。

松居は6月27日のブログで「恐怖のノートを見つけた」「あたしは死んでる場合じゃなくなった」などと明かした。ブログには、4月22日とあるが、実際は翌23日という。

5日の動画でも「死に場所は夫のマンションだと思いました」と説明した上で「これは船越のノートです。この中に私がおかしいと思っていることが全て書いてありました」と訴えた。別宅マンションで見つけたことを示唆しているが、どうやって室内に入ったかは言及していない。

船越の関係者は「住居侵入だ。元々パスポートなどを探し出す目的で部屋に入ったのではないか」と違法行為だと訴えている。

松居一代 船越別宅で警報騒ぎ 業者呼び解錠?ノート持ち去る (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

松居 一代(まつい かずよ:1957/6/25生)



日本の女優、タレント、投資家、実業家、エッセイスト、大学教授(特任)、ライフスタイル(家事)アドバイザー。本名、船越一代(ふなこし かずよ)旧姓、松居。

滋賀県近江八幡市出身。所属事務所は松居一代事務所。2001年に俳優の船越英一郎と再婚。夫・船越の家族は結婚を許してくれず、結婚式にも出席してもらえなかった。また船越は父・船越英二の遺産相続を放棄したことを明かしている

a

松居一代 – Wikipedia

関連動画


松居一代の動画 第8弾 別宅の真相


続きを読む