【衝撃】稲垣吾郎がうつ危機かwwwww

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 22:51:01.10 ID:CAP_USER9

元「SMAP」のメンバーで、今年9月でジャニーズ事務所を退社することが明らかになった稲垣吾郎(43)が、精神的に追い詰められているという。独立後の活動に“黄信号”がともっているともいわれ、人一倍ナイーブな稲垣はうつの危機にあるというのだ。

 独立が目されていた元SMAPでは、中居正広(44)がジャニーズ残留を決め、稲垣吾郎、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が退社することになった。

 そうした中、業界内で動向が最も注目されたのが、稲垣だったという。ある芸能プロダクションのマネジャーは語る。

 「中居は、テレビの仕事が中心で、2015年に開かれたジャニー喜多川社長の誕生会にも、SMAPで唯一出席するなど、“本体”にも近いこともあり、いち早く残留が噂された。また“SMAP育ての親”といわれる元マネジャー女史を慕う香取や草なぎの退社も想定されていたが、一番去就が分からなかったのが稲垣でした」

 稲垣といえば、近年は俳優業を中心に映画やドラマなどで活躍している。映画「十三人の刺客」やドラマ「不機嫌な果実」での演技が高く評価される一方、その活動は事務所にサポートされていた部分も大きい。

 とはいえ、こんな声も。「稲垣さんは01年に道路交通法違反容疑などで逮捕された際、元マネジャー女史がメディア対策に奔走した結果、メディアで“稲垣メンバー”と報じるなど、かなり守られました。女史に対する恩義もあるでしょう」と女性誌編集者。

 結果、稲垣は退社を選んだが、ここに来て、頭を悩ませる問題が浮上しているという。

 「当初、独立した3人は元マネジャー女史が懇意にしていた中国の実業家の傘下の大手免税店がスポンサーを務める会社に所属する予定でした。この会社は大手芸能プロの関係者もサポートするとみられていましたが、ここに来て女史とスポンサーサイドの間に権利関係などを巡って不協和音が生じているようなんです」(芸能プロ関係者)

 この事態に「サポート予定だった大手芸能プロの関係者もさじをなげた」(同)とされ、こうした“逆風”に、マイペースながらもナイーブな稲垣は精神的にかなりまいっているというのだ。

 くしくも、今月21日に発売された写真誌「フライデー」で“会長”と呼ばれる初老の男性らと会食する姿がキャッチされた稲垣だが、窮地の中でスポンサー探しに奔走しているのかもしれない。

夕刊フジ2017年7月27日17時09分
https://news.infoseek.co.jp/article/27fujizak20170727015/

続きを読む