ワイ言語学者「ワロタと草生える」の根本的な語法の違いを解明する

ワイ言語学者「ワロタと草生える」の根本的な語法の違いを解明する

bandicam 2017-08-10 15-57-55-297

1: 2017/08/09(水) 23:14:38.74

ぼくは文献を紐解いて研究したんだ

つまり、「ワロタ」の場合、自発的な笑いを表現する際に主に用いられるのに対し、
「草生える」はその対象が滑稽な事実であるという客観的なレッテルを貼るために用いられる

例えば、「目の前のおっさんが糞しててワロタ」という場合、自分がそのおっさんを笑っているという主観的な事実を表すのに対し、
「目の前のおっさんが糞してて草生える」といった場合、そのおっさんが笑うべき滑稽なものであるという客観的な事実を表している


続きを読む