松坂大輔さんの広告効果が軽く30億円以上を超える模様

松坂大輔さんの広告効果が軽く30億円以上を超える模様

d70e5449


働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景


20170324_matsuzaka-560x373

「松坂はメジャーリーグでプレーしていたことで、過去の実績に基づいて米メディアに取り上げられるケースも少なくない。そうなれば『ダイスケ・マツザカ』のプロフィールとして『ソフトバンク ホークス』が加えられる。つまり米国を含めた世界にソフトバンクの名が発信できる。この広告効果は計り知れない」

ちなみに親会社と球団が「ソフトバンク・松坂大輔」のメディア露出による広告効果について、試算したところ「軽く30億円以上になる」との見込み額が計上されたという話もある。もしこの試算に大幅な狂いがなければ、たとえ松坂の契約内容が4年20億円でも球団と親会社は不良債権に悩まされることなく十分に回収が可能。実質上のもうけまで手にできる。

それだけではない。球団関係者によれば「実を言えば、大輔のグッズ売り上げがかなり大きい」とのことで、ホークス側から嬉しい悲鳴が上がっているのだ。

働かない松坂と契約延長しても、球団が一儲けできる背景  – ビジネスオンライン


続きを読む