売れっ子芸能人の危険なアルバイト事情を関係者が暴露

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 08:47:14.16 ID:CAP_USER9

アルバイトする芸能人といえば、多くの人は売れていない芸人を想像するだろう。
だが、実際には売れっ子と呼ばれる芸能人であってもバイトに精を出すケースがあると聞いた。
果たしてそこにはどんな事情があるのか。詳細を取材した。

「売れていて知名度も年収も高い芸能人であってもアルバイトをすることはあります。
好奇心や経験を得るためではありません。
この場合のバイトはお金目的というよりも、お付き合い的な意味合いが強いものです」(プロダクション関係者)

お付き合いの意味でのアルバイトとは、どういうことなのか。

「普段から親交が厚い企業から依頼されたり、今後関係を深めたい企業からの依頼が発端となります。
たとえば、社長の誕生日パーティーに来てほしいとか、個人的に飲みに行きたいなどという依頼を高額なギャラと合わせて提示されるんです。
たいてい断りますが、相手次第ではアルバイトとして参加させています」(同)

芸能人がこのような宴会に参加すれば盛り上がることは間違いないだろう。
しかし、この程度のことなら、大したことではないように思えるのだが。

「もちろん、これは一例で、それ以上の関係を求められることもあります。つまり、カラダの関係ですね。
枕営業は仕事を得るために有力者に肉体を提供しますが、アルバイトの場合にはお金の見返りに肉体を提供するというシンプルな関係です。
金持ちの中には大枚をはたいてでも売れっ子芸能人を抱きたいと考える人間がいます。
その話を受ける側も、今後のお付き合いなども頭にありますから、断りにくい相手だと受け入れることがあるんです」(同)

なんとも生々しい話だが、こうした事例が多数あるというから驚きだ。
そして、どの程度のお金が動いているのか。

「パーティーへの参加レベルならば200万円から500万円が相場です。
個人的な自宅飲みなどに参加するとなれば700万円から1000万円、
それ以上の深いお付き合いとなると、タレントにもよりますが一晩で1000万円オーバーが多いです」(同)

このようなアルバイトの話は事務所を経由してくるのがほとんどで、つまり半ば“公認“だという。

「金銭の授受は個人間で行うのでノータッチですが、基本的には事務所の意向で受けているバイトなので、本人を説得した上で応じてもらっています」(同)

どのレベルまで応じるかはタレントごとに異なるというが、CMを何本も持つような超売れっ子であっても肉体関係の要求に対応する場合もあるというのだから驚きだ。
やはり芸能界は世間一般の常識でははかれない世界だ。

http://tocana.jp/2017/08/post_14075_entry.html

続きを読む