『コード・ブルー』の看護師の子供が流産したシーンに、視聴者から賛否両論

『コード・ブルー』の看護師の子供が流産したシーンに、視聴者から賛否両論

mainvisual_02

ドラマ『コード・ブルー』で看護師役の”初期流産”シーンに賛否 


flashcontent

・8月14日に放送されたドラマ『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』で、看護師の子供が流産したシーンに対して、視聴者から賛否両論が巻き起こっている。 
・問題のシーンは、処置に奔走していた看護師の冴島はるか(比嘉愛未)が突然倒れ込むところから始まった。緋山美帆子(戸田恵梨香)が中心となって処置し、腹部エコーを見ると娩出が始まっていた。分娩室は空いているものの、運ぶ時間がないことが分かると、藤川らも加わって処置室内で手術を始めることになる。しかし、冴島や藤川の悲痛な叫びもむなしく、冴島は初期流産してしまう。

・このシーンを見た視聴者は、インターネット上に《妊娠することも出産することも奇跡であることを教えられた》と、初期流産をリアルに描いたことを賞賛する投稿と仕事と初期流産には関連性がないと批判 とに分かれた。

ドラマ『コード・ブルー』で看護師役・比嘉愛未の”初期流産”シーンに賛否巻き起こる|ニフティニュース


続きを読む