斎藤佑樹投手が最も印象に残った試合に選ばれ、喜ぶ

斎藤佑樹投手が最も印象に残った試合に選ばれ、喜ぶ 

2e140173c8a0eed9d89ed0c8422025c6

1位だなんて、うれしい限り


13db976ce1f363577f5641823ffcf240

・朝日新聞が行った各都道府県ごとの最も印象に残った試合を決める「甲子園ベストゲーム47」で、東京の1位となったのは、引き分け再試合の末に早稲田実が駒大苫小牧を破った、2006年の第88回大会決勝だった。

・斎藤投手は「1位だなんて、うれしい限りです。11年前のことを、まだそんなに覚えていただいているのはうれしいです。今も現役で野球を続けられているのは、あの試合があったからこそと思っています」と話した。 

・「あの大会を通じて、僕自身もレベルアップしました。あの甲子園がなかったら、その後、どういう形で野球をやっていたかわかりません。僕にとって、人生をよくしてくれた、いい意味で変えてくれた試合です」

斎藤佑「1位、うれしい限り」 甲子園歴代ベストゲーム (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

続きを読む