ルビー・モレノの現在wwwwww

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/08/22(火) 08:07:02.66 ID:CAP_USER9

いまも昔も外国人の「タレント」は珍しくないが、「女優」の成功例は数少ない。
その稀有な例が、1990年代に活躍したフィリピン出身のルビー・モレノだった。

情感あふれる演技力で売れっ子女優の仲間入りを果たしたものの、直後に経歴詐称や相次ぐ仕事のドタキャンが発覚。
自らを表舞台から追いやった、騒動を本人が語った。

 ***

「あの頃はもう、叩かれても仕方がないくらい天狗になってたわね。
感覚的に“私が主役なんだから、私中心で当たり前でしょ”って思ってたの。
撮影現場にも、時間通りに行くことはなくて、平気で遅刻をしてました。
当日に仕事をする気分じゃなくなると、断りもなくスタジオに行かなくなったりね。
いつだったか、研ナオコさんの番組の収録をすっぽかしたこともありました」

東京・西麻布の所属事務所の一室で、ルビーはバツが悪そうに切り出した。

彼女がブレイクしたきっかけは、初めて主演を務めた映画「月はどっちに出ている」(93年公開)だった。
大阪に住むフィリピン人ホステスという役柄で、その演技が日本アカデミー賞を始め、ブルーリボン賞や毎日映画コンクールなど国内9つの映画賞で主演女優賞などを獲得したのである。

「それでもう、人生がいきなり変わっちゃった。
収入は一気に増えたけど、金銭感覚がしっかりしてないでしょ。
だから、お金が入るとやたらにブランド品を買い漁ったり、ずいぶん浪費をしましたよ」

期せずして訪れた“わが世の春”。
ところが、彼女には事務所にも隠していた過去があった。

当時、ルビーはプロフィールを「旅行会社のOLの時に日本を旅行していてスカウトされた」「結婚歴なし」などとしていた。
ところが、実際の彼女は18歳の時から都内のフィリピンパブで働いていた元ホステスで、2度の結婚と出産を経験していたのである。
映画賞での快挙は、文字通り地でいく“演技”の賜物だったわけだが、ほどなく、ウソの経歴が週刊誌で取り上げられ、ルビーには厳しい批判が殺到した。

「でもね、せっかく人気が出た時に、わざわざ自分から“子どもがいます!”なんて言わないでしょ? 
そんなことは誰からも聞かれなかったし、私も女優らしくしていなきゃいけないと思ってたし。
今みたいにブログとかフェイスブックとかがあったら、普通に公表してたかもしれないけど」

すぐに釈明会見を開いたものの、すっかり世間の風向きは変わっていた。
バッシングは過熱の一途を辿り、その最中に仕事のドタキャンや事務所との金銭トラブルなど、日頃のルビーの行状が次々暴露されたのだ。

「報道には間違いもたくさんあったけど、私に反論する場はなかった。
ずいぶん辛い思いもしましたが、性格的にはポジティブな方だから、ストレスが溜まると、友だちとディスコに行って、夜通し踊ったりお酒を飲んだりして発散してました」

そんな中、起死回生を狙ってヘアヌード写真集を出版したこともあったが一過性の話題に終わり、彼女はますます追い詰められていったのである。

■ 大きな失敗

ルビーが祖国に逃げるように帰ったのは、95年9月のこと。
日本に居場所を失った彼女にとって、頼る相手はフィリピンの家族しか残されていなかったという。

「その日は大阪で崔洋一監督と一緒に、映画『月はどっちに出ている』のイベントに出演する予定だったの。
それを私はすっぽかして、東京駅ではなく成田空港に向かい、そのままフィリピンに飛んじゃった。
携帯電話の電源は切ってあるから連絡はつかないでしょ。その日から私は色々考えるのをやめにした。
こっちから泣きは入れない、絶対に誰かがフィリピンまで来て頭を下げてくれるはずって思っていたのです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00528624-shincho-ent

※続きます

2

続きを読む