【衝撃】アンガ・田中が死神リュークのメイクをした結果wwwww

1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 22:46:09.98 ID:CAP_USER9

http://www.cinemacafe.net/article/2017/08/24/52047.html
2017.8.24 Thu 21:05

ハリウッド版「Death Note/デスノート」のNetflix全世界配信開始前日の8月24日(木)、ジャパンプレミアが開催! 主演のナット・ウルフ、プロデューサーのマシ・オカら来日ゲストに加え、死神リュークに変身した「アンガールズ」田中卓志らが来場した。

「週刊少年ジャンプ」で連載された人気マンガで、日本でも映画化、ドラマ化、舞台化されるなど、連載終了後のいまなお高い人気を誇る「デスノート」のハリウッド版。
名前を書かれた人間に死をもたらす死神のデスノートを拾い、それを使って平和な世界を作るために粛清を始めたライトと、彼を追い詰めるLの戦いを描く。

今回、来日したのはエル役のナット・ウルフ、L役のキース・スタンフィールド、ヒロインのミア役のマーガレット・クアリー、アダム・ウィンガード監督、そして人気ドラマ「HEROS/ヒーローズ」でお馴染みで、今回はプロデューサーを務めるマシ・オカ。

彼らがレッドカーペットに姿を見せると、観客は熱狂。歓声に煽られるようにキースがカーペット上で飛んだり跳ねたりアクロバティックな動きを見せたかと思うと、ナットはミアをガッチリと抱擁。
監督はスマホで撮影を始めるなど、やりたい放題! 壇上でも、キースは“L”になりきって、しゃがんだまま挨拶し、なぜか突然、持参したおにぎりを食べ始め、ついにはキースとナットがステージで格闘を始めるなど、奇抜な行動の連続で会場を笑いに包む。

マシ・オカはプロデューサーとして、原作の「デスノート」を「日本の“宝”」と評し、ハリウッドでの映画化に当たり、脚本などは「全て、(原作者の)大場つぐみ先生に確認をとりました」と本作の生みの親である大場先生のお墨付きの作品になっていると強調する。

ナットは「脚本を読んですぐに気に入ったし、アダムとの映画作り、ラキースやマーガレットとの共演も楽しみだったけど、さらに原作を読んで大ファンになったよ」と語る。
キースは「Lが大好きになったし、ライトとのライバル関係を大切にした」とふり返り、日本のファンを前に改めて「この原作を生んでくれてありがとう! そして僕らにハリウッド版を作ることを許してくれてありがとう!」と感謝の思いを口にした。

この日は、「デスノート」の大ファンだという「ベイビーレイズ JAPAN」がゲストで登場し、登壇陣に花束を贈呈。
さらに、写真撮影を前に、衣装とメイクで死神リュークに完全になりきった「アンガールズ」の田中さんが乱入! 日本のお笑い芸人のいきなりの登場に、来日キャストたちは、戸惑った様子だったが、田中さんは、自身のなりきり具合について「このクオリティを見てよ! 次回作があったら出してほしい! ハリウッドデビューしたいんだよ!」とアピール。
だが、監督は「きみのタイツ、セクシーだね」とスルー。劇中で、デスノートを使うマーガレットは、こんな死神が現れたら? との問いに「彼の名前をノートに書くわ」と即答し、会場は爆笑に包まれた。

「Death Note/デスノート」はNetflixにて8月25日(金)より配信開始。

no title

続きを読む