篠原涼子がなんかヤバイらしい・・・・・

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/03(日) 08:14:31.90 ID:CAP_USER9

no title

女優の篠原涼子(44)が、10月より月9枠の新ドラマ『民衆の敵?世の中、おかしくないですか!??』(フジテレビ系)で主演を飾る。
しかし近年オリジナルドラマで爆死続きな上に、人気ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~
THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)でさえ下降線をたどるフジテレビだけに、放送前から暗雲が立ち込めている。

■オリジナルドラマで失敗続きの月9ドラマ…次作は『セシルのもくろみ』の二番煎じ?

「痛快で爽快な市政エンターテインメント」と銘打っているドラマ『民衆の敵』。猪突猛進する性格の佐藤智子(篠原)が、新米ママさん女性市議になって市政や社会の悪と対決するストーリーだという。

本作で脚本を手がけるのは「ウルトラマン」シリーズや映画の『誘拐ラプソディー』『四十九日のレシピ』『海のふた』などを手がけてきた黒沢久子氏。
演出は、『ガリレオ2』『信長協奏曲』などで知られる金井紘氏ディレクターが担当する。

草ヶ谷大輔プロデューサーは、公式サイトで「この物語は“家族の幸せ”、“自分自身の幸せ”のため、
議員報酬目当てで立候補した一人の主婦が、魑魅魍魎(ちみもうりょう)渦巻く政界に飛び込み、
女性目線・主婦目線で市民の小さな不満に寄り添い、耳を傾けていくうちに市政の問題や社会問題に目を開かれ、戦っていきます。
まさに視聴者の皆様が日々感じている事や、思っていても口に出せない事を代弁してくれる、ヒロインがここに誕生します!」とコメント。鼻息がどうにも荒い。

「平凡な主婦がモデル業界に進出する『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)のイメージがダブる。主人公の性格も同じキャラ設定。
『民衆の敵』で扱う政界に関して、制作陣は特別精通しているわけではなさそうだし、センスの悪さも相変わらず。
篠原や高橋一生(36)など人気の役者をキャスティングされているが、フジの爆死地獄の餌食にならないか心配だ」(報道関係者)

現在健闘している月9ドラマ『コード・ブルー』は、2ケタの高い数字をマークして好調だ。

とはいえ、8月28日放送の第7話の平均視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。全シリーズ中最低の13.2%に肉薄している。
また、第1話に記録した16.3%から数字がキレイに右肩下がりだ。なぜこんな状況なのか。

「数字が下降する一因は、フジの演出や脚本の不出来でしょう。
過度な恋愛演出などが不評を招き、視聴者離れを引き起こしている。
さらに折り悪く、31日には『週刊新潮』(新潮社)が人気女優・新木優子(23)が『幸福の科学』の信者であるとスッパ抜かれた。
ファンたちがガッカリして離脱者がさらに増加……なんて事態になれば、最終話で『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が追い抜くかもしれない。
本来20%を超えてもおかしくなかった『コード・ブルー』で負けるようであれば、フジのドラマ作りの力量はいよいよ疑わしい」(前出・報道関係者)

今年6月から、宮内正喜社長(73)の新体制に入ったフジ。次作『民衆の敵』で真価を問われることになりそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1350908/
2017.09.03 07:05 デイリーニュースオンライン

続きを読む