ローラが法廷闘争突入で復帰絶望かwwwww

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 12:28:29.94 ID:CAP_USER9

これで芸能界復帰は絶望的になったのではないか――と芸能関係者の間で囁かれている。
所属事務所との契約トラブルで、姿を見かけなくなったタレントのローラ(27)のことだ。
すでに「女性自身」が報じているのだが、事務所とのトラブルだけでなく、芸能界の“大御所”も怒らせてしまったという。

女性自身によると、ローラが怒らせてしまったのはタレントの堺正章(71)。
事務所とのトラブルを早い段階で、ローラから相談を受けていたという堺は「お互いがとことん自分の気持ちを言い合い、理解し合って、気持ちよく仕事することがベスト。けんか別れなんて最悪」とのポリシーを伝えたようだ。

しかし、ローラはその“助言”を無視する形で、弁護士を立てて事務所と対決する姿勢を見せていて、今後、法廷闘争に突入することは間違いないという。
これに対し、堺は失望しているらしいのである。ローラにとって“芸能界の父”とも言える恩人を怒らせてしまうとは、かなりヤバい状況なのだが、本人には自覚があるのか。

「堺は個人事務所所属ですが、系列は大手芸能事務所で、芸能界に絶大な影響力を持っています。“芸能界のオキテ”に反するようなことをすれば、厳しい対応を取る。今となってはネタになっていますが、タレントのヒロミが一時、芸能界から姿を消したのは、堺を怒らせてしまったから――という話がまことしやかに流れていた。最近では能年玲奈ことのんが、独立騒動を起こし芸能界から消えました。ローラも“同じ道”をたどるとみられています。『女性自身』の記事は芸能界からの“最後通告”だったのでは」(芸能リポーター)

ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという“奴隷契約”だった。
ただし、17歳の高校生だったローラをスカウトし、売れっ子タレントにまで育て上げたのは現在の事務所でもある。うまい“落としどころ”はなかったのか。このままでは、ローラは完全に芸能界から消えていなくなる。

2017年9月9日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13588705/

続きを読む