北原里英が救われたという浜田雅功のひと言

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/03(金) 07:05:59.47 ID:CAP_USER9

2日放送の「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、NGT48の北原里英が、ダウンタウン・浜田雅功の言葉に救われたことがあると明かした。

番組では「7年前 悩める北原を救った浜田の言葉」と題して、ゲストの北原が今からおよそ7年前のあるエピソードを語った。
当時、AKB48が売れはじめたくらいの時期だったという北原は、周囲のメンバーが活躍していく中で、自身は伸び悩んでいたと明かす。

そんなとき、メンバーの峯岸みなみが、ある番組で共演していた浜田に「AKB48のどれぐらい知ってますか?」と質問をしたそう。
すると浜田は「北原ぐらいまでかな」と答えたという。峯岸からそのことを聞いた北原は「浜田さんが知ってくれてる!」と自信を持ち、それを励みに「そこから今日までくじけずに頑張った」とのこと。

浜田は、当時を振り返り「(AKB48はメンバーが)いっぱいいますから、そんなに名前覚えられないですよ」と説明したうえで「だから(峯岸に)聞かれたとき、北原ぐらいまでは顔と名前わかるな」と北原の名前をあげたそう。

そんな浜田を、相方の松本人志は「意外と知ってんねんな」「気持ち悪う~」とイジり笑いを誘った。北原は「本当に嬉しくて、それを励みに頑張った」と、改めて浜田に感謝の気持ちを伝えていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13839078/
2017年11月3日 6時50分 トピックニュース

no title

続きを読む