オードリー春日がCAの注意に赤面wwwww

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/05(日) 05:36:58.72 ID:CAP_USER9

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】
離陸が遅延する飛行機に乗ってしまった松山千春(61)が、持ち歌の「大空と大地の中で」のワンフレーズを歌い、イライラする乗客たちを和ませたニュースは記憶に新しいが、 芸能人においては、カメラの前だけでなく機内でもいろんなことが起こる。

オードリーの春日俊彰(38)が、米国から日本に向かう機内で、大胆にも持ち込んだエ●DVDを鑑賞したときのこと。
「『ぬるぬるローション温泉 熱海編』をアメリカのホテルでずっと見てたんですよ。 で、1週間レンタルなんで、すぐに返さなきゃいけないから、帰りの機内でそれをもう一回見たいなって思って」とその動機を語る。

「リクライニングって、ベッドみたくなるから、完全に横になって、ポータブルDVDプレーヤーを45度くらいに開いたら、 隣の人には見られない、いけるって思って。イヤホン付けて見てたの。 アメリカでは、早送りで良いところしか見てなかったの。でも、最後だから丸々見てやろうと思って。 目に焼き付けるくらいの勢いで。『この子たちとは、もう会えないんだ』って思いで。 スーパーボウルを見るよりも真剣に」と語る。

ところが、CA(客室乗務員)に注意されることに。
「10分くらいして、CAさんがパッと来て。『お客さま…』って、こっちも『んっ、はぁい?』って。『すみません…お控えいただいて』って言われて。 落ち着いた感じのCAさんで。バレてるんですよ。なんでだろうか…って思って、イヤホン外したのよ。そしたら、音楽が聞こえるの。 イヤホンのジャックあるじゃないですか。それを違うところに差してて、音が丸々流れてたの」と赤面する。

ケンドーコバヤシ(45)は、飛行機で連絡先が書かれた手紙をもらったことがある。
「座席でむさぼるように週刊少年ジャンプ、ビッグコミックスピリッツ、ヤングマガジンを読んでました。 それで『漫画、お好きなんですね。私、漫画を読んだことないんで、今度良かったら、教えてくださいね』と。 すごいお金持ちそうな、80歳のおばあちゃんから手紙をいただきました」とうれしそうに語る。

「達筆の。現在では、ワシントン条約に触れて日本に持ち込めない毛皮を着ておられました。 俺、忙しいやんか。多少、時間があったら、連絡取らせていただいて、お友達になったら、すごい楽しかったやろなって。俺の知らん世界を、教えてくれるんちゃうかなって。 細かいことは言えませんが、連絡先、ケータイ番号の下に、ある世界に名だたる高級ホテルの名前と、部屋番号が書いてあるのよ。飛行機の時点で、部屋番号を書いてるってことは、もう旅とか出張とかではなくて、ホテルに住んでる人やねん。 超高級ホテルに。あの人と友達になれたら、船で旅とかできるんやろな」と期待を膨らませていた。

同じく、ナインティナインの岡村隆史(47)も、手紙をもらったことがある。なんとお相手はCAだ。
正確には、岡村と同期の女芸人・なるみ(45)が海外旅行で飛行機に乗ったときに「これ岡村さんに渡してもらえませんか?」と頼まれたものだ。
ウワサには聞いたことがあったが「こんなことあるんですねぇ」と驚く岡村。
中を見て「あ、あ…。飛行機のアレも入ってる。うわっ、これはLIKEじゃないな、LOVEに近い。連絡してもイイよね」とはしゃいでいた。

☆プロフィル=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。
現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

http://news.livedoor.com/article/detail/13845072/
2017年11月4日 16時30分 東スポWeb

続きを読む