高嶋政伸「腕を折る高額報酬の骨折バイトがあった」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/07(火) 07:12:11.73 ID:CAP_USER9

11月2日に放送された生情報番組「PON!」(日本テレビ系)に俳優・高嶋政伸が出演。30年前の大学生時代に見つけた「とんでもないアルバイト」について語った。

「当時高嶋さんは、みずから監督した自主映画の編集代が280万円かかり、父親の高嶋忠夫さんに土下座して借金したそうです。
ただ、完成したはいいのですが、あまりにもシュールな内容だったため、どの劇場からも上映を断られたそうです」(芸能ライター)

ちなみに彼が監督した作品タイトルは「IN THE OTHER SIDE」。
同番組で、その映画の映像が紹介されていたが、確かにシュール。
映し出されたのは、目隠しをされた男性たちがディナーを食べる食卓の上で、ボンテージ衣装の女性が躍り、男を蹴散らすというワンシーン。
スタジオがザワついていたが、無理もない。

ともあれ、学生にとっては大金の280万円。高嶋は借金返済のためにいろいろなアルバイトを探したという。
その1つが、腕を折る、いわゆる「骨折バイト」だという。
病院が募集していた仕事で、折れるまでの連続写真を撮影したいという意図のもと、求人がかけられていたといい、1本折るごとに40万円、両腕両足4本を折ると160万円の報酬が得られたという。

「さすがにそのバイトには手が出なかったようですが、そもそも骨折バイトなるものが実在するとは信じがたい。最近は主役を食うほどの“怪演”で知られる高嶋だけに、あえて、冗談のつもりで言ったんでしょうかねえ」(前出・芸能ライター)

司会のビビる大木も「折っても(借金は)返せない……」とビビっていたが、 結局280万円をどう返したのか詳細には明かさなかったが、今も昔もシュールな一面を持つ御仁であることはよくわかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13854812/
2017年11月7日 5時59分 アサ芸プラス

続きを読む