1万年前のライオンが冷凍状態で発見(画像あり)

1万年前のライオンが冷凍状態で発見(画像あり)

bandicam 2017-11-16 20-28-55-571
1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見


・約1万年前に絶滅したとされる大型動物「ホラアナライオン」の子供3頭が、冷凍状態でシベリアの永久凍土から見つかり、ロシア・サハ共和国極地動物研究所、東京慈恵医大などによる日露共同の研究チームが解析結果を発表した。

・ホラアナライオンは、ユーラシア大陸などに生息していた動物で、今のライオンよりも一回り大きい。 チームによると、冷凍状態の個体は、ロシア極東のサハ共和国で見つかった。

・2015年夏に赤ちゃんとみられる体長40センチほどの個体2頭が発見され、さらに今年9月に2頭よりも大きい体長約47・5センチの個体が1頭見つかった。3頭とも筋肉や毛が残っていた。毛はライオンよりも多めで、模様らしい黒っぽい部分もあるという。

1万年前に絶滅のライオン、冷凍状態で発見 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


続きを読む