【フィギュアスケート】『全治不明』の羽生結弦、五輪危機に連盟が画策する

【フィギュアスケート】『全治不明』の羽生結弦、五輪危機に連盟が画策する

yuzuru1021-1-thumb-autox900-195177

羽生結弦の五輪危機に連盟が画策する“屈辱の代表入り計画”


20171119-00010000-jisin-000-view

・11月10日、グランプリシリーズ第4戦となるNHK杯を棄権した羽生結弦(22)。大会前日の公式練習で転倒してしまい、右足首じん帯を損傷したのだ。

・今回の欠場で、12月のGPファイナル出場は絶望的。大会5連覇という前人未到の夢は消えてしまった。さらに年末の全日本選手権や、来年2月の平昌五輪出場にも影響が出かねない状況だという。

・連盟はある計画を“画策”し始めているというのだ。「連盟から『羽生選手が全日本に出場できなくても五輪代表に決める』との声が上がっているそうです。」

続きを読む