木村文乃、志田未来が可愛くて仕方なくなる

1: 湛然 ★ 2017/11/22(水) 23:49:11.36 ID:CAP_USER9

2017.11.21 20:14

木村文乃、志田未来が可愛くて仕方なくなる<伊藤くん A to E>

俳優の岡田将生、女優の木村文乃がW主演を務める映画『伊藤くん A to E』(2018年1月12日公開)の完成披露試写会が21日、都内にて開催され、岡田、木村、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭、廣木隆一監督が登壇した。

◆木村文乃、自分が痛いと思うこと

イベントでは、劇中で岡田演じる超モンスター級【痛男】伊藤に振り回され痛い目に合わされていくキャスト陣が、自身の「今年一番痛かった話」を披露。

木村は、舞台挨拶前に応じた取材で原作者の柚木麻子氏と対談した際、全く素性を話していない段階で「可愛い女の子好きでしょ?」と指摘されたというエピソードを告白。

木村はストーリー上、4人の女性とそれぞれ共演シーンがあったが「志田さんだけは役もふさぎ込んでいる役だったので、軽快にトークすることがなかった」といい、そのことが引っかかっていたそう。
柚木氏に指摘されたことをきっかけにそれからイベント前からイベント中もずっと志田のことが気になりだしてしまったことを打ち明け、「さっきから志田さんの小ささがすっごく可愛くて。
さっきも集合写真を撮ったんですけど、『皆でキュッとなって下さい』って言われたときに志田さんだけ『キュっですね』って言ってて『もう可愛い!』ってなっちゃって!」と熱弁。
「自分でも気付いてないうちに、それがだだ漏れだったことも、意識した瞬間に志田さんが気になっちゃう自分も全て痛いなって思ってます」とまとめ、観客からは共感の声が上がった。

木村から「ごめんね」と照れながら詫びられた志田も、「そんな風に思われてたなんて。隣に立ってるのがすごい恥ずかしくなってきます」と照れ笑い。
フォトセッション中も後列の志田が隠れてしまい、マスコミ陣から何度も「志田さんが…(見えない)」という声があがり、その度にキャスト陣は微笑ましく笑顔を見せていた。

一方、志田が話したのは、休日に野球観戦したときのエピソード。
「回と回の間にボールを投げてくれるんですけど、後ろの小さい男の子がボールをとれて『良いな良いな』って言っていたら、『お姉ちゃんにあげるよ』ってくれて、周りの大人からすごい冷たい視線を感じて自分痛いなと思ったんですけど、ちゃっかり飾ってます」とキュートな思い出を語っていた。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

続きを読む