小学校に『アレ』を10000本寄付する男が現れるwwwwwwww

tsukami-umaibou_img2
1: 2018/02/01(木) 19:29:52.28 ● BE:842343564-2BP(2000)
うまい棒10000本! 小学校に41歳が寄贈、心温まるサプライズの理由は? 全校朝会で歓声、教材にも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000004-withnews-sci

さいたま市在住の男性が先月下旬、駄菓子「うまい棒」1万本を小学校に寄贈しました。1本10円として10万円にもなりますが、なぜ、こんなに大量にプレゼントすることになったのでしょうか? 男性や校長に話を聞きました。

【画像】これがうまい棒10000本! 体育館の舞台に段ボール17箱が並び、幕が開いて登場する演出も

段ボール17個が

 1月22日朝、東京都墨田区にある区立錦糸小学校で開かれた全校朝会。

 体育館の舞台の緞帳(どんちょう)が開くと、積み上げられた段ボール17箱が現れ、全校児童約250人から「キャー」「すごい」といった歓声が上がりました。

 段ボールには定番駄菓子「うまい棒」がぎっしり1万本。児童たちから見えるように並べられており、味も12種類が取りそろえられていました。

 ・コーンポタージュ
 ・シュガーラスク
 ・ピザ
 ・やきとり
 ・チーズ
 ・めんたい
 ・とんかつソース
 ・エビマヨネーズ
 ・サラミ
 ・チキンカレー
 ・たこ焼
 ・牛タン

 これらを寄贈したのは、さいたま市在住で、区内に本社がある東武鉄道に勤務する桐生大輔さん(41)。

 「子どもたちが喜んでくれて、本当によかったです」と振り返ります。

てっきりレストラン招待かと

 なぜ1万本も寄贈することになったのか? 桐生さんは「実はこれ、墨田区が企画した動画コンテストの賞品なんです」と話します。

 区が昨年実施した「すみだの魅力PR動画コンテスト」に、「太眉愛護団体」という名義で応募した桐生さん。

 見事グランプリを受賞し、以下の4つのうちから賞品1つを選ぶことになりました。

 ・ブタの落としぶた100頭分
 ・消しゴム1000個
 ・うまい棒10000本
 ・東京スカイツリーの天望デッキ内にあるスカイレストラン634にグループで招待

 4つの選択肢について、コンテストの事務局である墨田区の広報広聴担当者は、こう説明します。

 「区内に本社があるなど墨田区ゆかりの会社の品々です。金額にして約10万円になるように選びましたが、きっと受賞者はレストラン招待を選ぶものと思っていました」


続きを読む