韓国元ホテル従業員「結構昔から便器掃除したスポンジでコップ洗ってましたよwwww」

0000019_20140827081629_63181_L
1: 2018/02/07(水) 17:23:04.50 ID:4Cl41G1t0.net BE:844481327-PLT(12345)
http://img.5ch.net/ico/monatya.gif
総合編成チャンネル「TV朝鮮」の時事番組『CSI:消費者探査隊』では4日、便器を磨いたスポンジでコップを洗うソウル市内の一流ホテルの衛生実態を報道した。「
安心して泊まれる場所がない」「一流ホテルがこのありさまなら…」と不安に思う人々は多い。
不信を招いた第一義的な原因は現場で職業倫理を守らない従業員にある。
そして、これを事実上黙認して宿泊客集めにばかり力を入れるホテル側の責任も避けられないと指摘されている。

■「時間がない」とマニュアル守らない清掃スタッフ

各ホテルには便器・洗面台・食器をきれいにする時に使うスポンジや手袋を区別して支給するというマニュアルがある。
ホテルの元従業員や現職の従業員は「マニュアルをすべて守っていたら担当する客室の清掃を時間内に終えられない」と言う。
時間がない最大の理由は、手当をより多くもらおうと能力以上に多くの客室を担当することだ。
一流ホテルで働く女性は「一日8−12室を清掃すればひと月で基本給約170万ウォン(約17万円)もらえる」と言った。
だが、実際にはほとんどの清掃スタッフが割り当てられたものよりも4−5室多く清掃する「オーバールーム」をして、1客室当たり5000−6000ウォン(約500−600円)多くもらう。マニュアル通りにすれば1室清掃するのに約1時間かかる。
しかし、同じ時間内に「オーバールーム」まですれば1室約45分で終わらせなければならない。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/07/2018020700848.html
no title

続きます

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517991784/


続きを読む