マツコ「千葉に400坪くらい買って」総額○○億円の巨大マイホーム構想を語る!

22018_original1
1: 2018/02/09(金) 16:38:23.74 ID:CAP_USER9.net
http://news.livedoor.com/article/detail/14278436/
2018年2月9日 13時25分 トピックニュース

8日深夜放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、マイホームの建築を妄想していることを明かした。

番組では、マツコが東京都世田谷区池尻にある、複数の建築事務所が入るシェアオフィス「204 KENCHIKU」に立ち寄った。そこで興味深く建築士と話すマツコだったが、実はマイホームの建築を考えていることを明かし始めた。

「東京に小さい家を建ててもバカらしい」「千葉辺りにすごいいやらしい家を建ててやろうと思ってる…」と笑いを誘うマツコだったが、「アマンみたいな家」「千葉に400坪くらい買って」と、かなり具体的な構想を話し始めた。

千葉県にリゾートホテル「アマン」のような大豪邸を建てたいというマツコは、海が見える岬に建築して、背景の海と一体化したように見える「インフィニティプール」も作りたいという。

マツコは、Googleマップでお目当ての土地も見つけているそうで「千葉だけど、20億(円)くらいかかる。自分で計算したら」と、想像以上の金額に驚いてしまったとか。「落書き程度」と言いながらも、すでに理想の家の図面を自身で描いているというマツコは、あくまで妄想だと前置きした上で、今は「インフィニティプール」の形と配置に悩んでいることを明かした。

力説するマツコに、番組スタッフがその図面を見せてもらえないか様子をうかがったが「絶対に見せない!」「個人的な楽しみだから、そういうのを売る商売はしたくない!」と、かたくなに拒否していた。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518161903/


続きを読む